Topへ

子どものこころの発達に科学の解明とサポートを

地域支援

  • ホーム
  • 地域支援

堺市発達障害児(者)支援事業

4・5歳児発達相談

 発達障害をもつ子どもは保育所や幼稚園などの集団生活の中で社会面や行動面の問題が表面化することが多くあります。就学後の不適応を予防するためにも、発達障害の早期発見、早期支援に努め、養育者への育児支援を行うことは重要であるといえます。そこで、当センターでは2008年度には堺市内の一部地域を対象に5歳児発達相談テスト事業を始め、2010年度からは堺市の全地域を対象に年度内に5歳になる幼児を対象とした4・5歳児発達相談事業を開始しています。また、早期の養育者支援として、4・5歳児発達相談に来談した養育者を対象に、PTSS(堺市版)を実施しています。

堺市4・5歳児発達相談のページへ


キッズサポートセンターさかい

 上述の4・5歳児発達相談事業の取り組みを続ける中で、早期発見・早期療育(支援)の重要性がますます認知されるとともに、より早い時期に発達相談につながることのできるシステムのニーズが高まってきました。そうした背景を受けて、2014年度から、堺市(自治体)・ボーネルンド/高島屋(民間企業)・当センター(大学)が力を合わせ、非常に新しい形の子育て支援施設“キッズサポートセンターさかい”を開設しました。乳幼児から小学生までの親子がのびのびと遊び、つどい、また専門家に相談もできる、より柔軟な子育て支援の場として機能しています。その中で当センターは相談室の開設と運営を担い、平日は当センターの心理士が常駐し、堺市のスタッフと協力しながら、乳児期~学童期の育児相談から発達障害に関する専門的な相談・検査まで、幅広く対応しています。また当センターの医師が週2日(各半日)在室して診察や相談を実施し、必要に応じて医療・療育等支援先への紹介や情報提供を行っています。さらに、診察後の保護者への育児セミナー(心理士)や、発達障害や子どもの眠りについての一般向けセミナー(医師)、ボーネルンドと相談室の合同イベント(医師・心理士)を実施するなど、フォローや啓発にも尽力しています。

キッズサポートセンターさかいのページへ

池田市発達支援システム研究

いけだつながりシート Ikeda_s(イケダス) ・ e-Ikeda_s(イーイケダス)

私達は皆、それぞれに得意な事と苦手な事があり、各々、自身の得意な事を活かしたり、苦手な事を得意な事でカバーしたり、互いにサポートしながら社会生活を送っています。

そこで、各々の得意な事と苦手な事を「生活」「発達」という観点から客観的に、かつ包括的に把握し、それぞれの得意な事を活かす事、苦手な事を得意な事でカバーする事、必要に応じて適切なサポートを得られるようにする事を目指して、養育者と保健・医療・福祉・教育・就労の担当者の声を集め、標準化された発達検査、国際的な尺度等も踏まえ、本研究室の研究員を中心とした専門チームの意見を基に、全市民が生涯に渡って成長・発達を記録できる「いけだつながりシート Ikeda_s」を作成しました。

また、「いけだつながりシート Ikeda_s」は、作成時より、利便性を更に高めるべく電子化を想定しており、Webサービス「e-Ikeda_s」として展開いたしました。

私達は、「いけだつながりシート Ikeda_s」・「e-Ikeda_s」を軸として、科学的視点や支援者としての立場から、また発達支援システム構築の観点から全面的に支援しております。

成長の記録を Ikeda_s(イケダス) で!

池田市発達支援Map

池田市では、多様なサービスを提供しているが、様々なライフステージで生じる発達に関する相談をどこで相談すれば良いか分からないという課題がありました。そこで、市民が生涯に渡って、池田市内、および大阪府におけるライフステージごとの社会資源を1冊で把握し、関係機関へスムーズにコンタクトをとれるようにする事と市役所窓口等で、市民に社会資源について資料を用いて伝えられるようにする事を目的として、発達の道筋や、障がいの有無にかかわらず生涯発達の観点からそれぞれの社会資源のつながりを俯瞰できる専門性を持つ本研究室の研究員が、医療や子育て、保育・教育、福祉、就労等に関する事業(機関)名とその概要、連絡先を掲載した冊子を作製いたしました。

『池田市発達支援Map』を配布しています

かおTV

他者が、この世界をどのように見て、どのような物に興味や関心を持っているのかという事について思いを馳せる時、私達は他者の行動を通して、相手が見ている(感じている)世界を想像しています。かおTVは、3分弱TV画面を見ていただく事により、目線の動きを測定する事ができるため、かおTVをご覧になった方が見ている世界を客観的に把握するが可能になります。かおTVを通して、子どもの興味関心を養育者や周囲の人が客観的に把握する事は、日々の子育ての工夫を検討する際にも役立つと考えられます。

池田市では、養育者に子どもが見ている世界を客観的に知っていただく事を目的として、1歳6か月児健康診査時やイベントの際などに、希望者を対象として、かおTVを実施しております(おおむね1歳以上)。

私達は、かおTVでの子どもの興味関心への気づき促進に終わらず、その後の支援システム構築も含め、科学的視点や支援者としての立場から全面的に支援しております。

かおTVをご存じですか