Topへ

子どものこころの発達に科学の解明とサポートを

地域支援

  • ホーム
  • 地域支援

堺市発達障害児(者)支援事業

4・5歳児発達相談

 発達障害をもつ子どもは保育所や幼稚園などの集団生活の中で社会面や行動面の問題が表面化することが多くあります。就学後の不適応を予防するためにも、発達障害の早期発見、早期支援に努め、養育者への育児支援を行うことは重要であるといえます。そこで、当センターでは2008年度には堺市内の一部地域を対象に5歳児発達相談テスト事業を始め、2010年度からは堺市の全地域を対象に年度内に5歳になる幼児を対象とした4・5歳児発達相談事業を開始しています。また、早期の養育者支援として、4・5歳児発達相談に来談した養育者を対象に、PTSS(堺市版)を実施しています。

堺市4・5歳児発達相談のページへ


キッズサポートセンターさかい

 上述の4・5歳児発達相談事業の取り組みを続ける中で、早期発見・早期療育(支援)の重要性がますます認知されるとともに、より早い時期に発達相談につながることのできるシステムのニーズが高まってきました。そうした背景を受けて、2014年度から、堺市(自治体)・ボーネルンド/高島屋(民間企業)・当センター(大学)が力を合わせ、非常に新しい形の子育て支援施設“キッズサポートセンターさかい”を開設しました。乳幼児から小学生までの親子がのびのびと遊び、つどい、また専門家に相談もできる、より柔軟な子育て支援の場として機能しています。その中で当センターは相談室の開設と運営を担い、平日は当センターの心理士が常駐し、堺市のスタッフと協力しながら、乳児期~学童期の育児相談から発達障害に関する専門的な相談・検査まで、幅広く対応しています。また当センターの医師が週2日(各半日)在室して診察や相談を実施し、必要に応じて医療・療育等支援先への紹介や情報提供を行っています。さらに、診察後の保護者への育児セミナー(心理士)や、発達障害や子どもの眠りについての一般向けセミナー(医師)、ボーネルンドと相談室の合同イベント(医師・心理士)を実施するなど、フォローや啓発にも尽力しています。

キッズサポートセンターさかいのページへ