Topへ

子どものこころの発達に科学の解明とサポートを

診療案内 発達障害外来

  • ホーム
  • 診療案内(発達障害外来)

親と子の発達相談外来

 言葉が遅い、幼稚園や保育園で集団行動ができない、癇癪が酷い、同年代と遊べない、夜寝ない、などでお子様のことを心配されている養育者の方。多動やパニックで育てにくい、他で診断はされたけれど、どうかかわったらいいのか分からない、とお困りの親御さん。「親と子の発達相談 初診」では医学的治療の説明、療育の情報提供などを行っております。

 また、「親と子の発達相談」では、お子さんの特性に基づいて、お子さんに対しては発達をのばす関わりや様々なプログラムを、養育者へはお子さんへの関わり方、困った行動に対する対処の方法などに関する専門的なアドバイス を行います。

 「親と子の発達相談」は診察、相談、検査とも全て予約制で、自費診療となりま す。希望される方は、小児科発達障害外来受診の上、ご相談ください。

発達障害外来初診(保険診療)

医療機関からの紹介による保険診療枠での診療です。かかりつけ医から大阪大学医学部附属病院ネットワーク部を介して予約をお取りください。

初診外来では、約1時間かけて問診・診察を行い、お子さんの状態を把握した上で、関わり方の基本と今後の検査や医学的治療についての説明、お住まいの地域資源の紹介を行います。

受診予定日前に、下記リンクより問診票および子どもの眠りの質問票をダウンロードして、できるだけ予めご記載をお願いいたします。